​東京2020大会 × アクションプログラム

 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会(以降、「東京2020大会」)組織委員会では、大会を持続可能なものとするため、「持続可能性に配慮した運営計画」や「持続可能性に配慮した調達コード」を策定しています。

 持続可能性に配慮した調達コードでは、経済合理性のみならず持続可能性にも配慮した調達を行うために策定したもので、調達する物品やサービスに共通して適用する基準や運用方法で構成されています。

 

 持続可能な調達アクションプログラムのチェックリストは、大会組織委員会が策定した持続可能性に配慮した調達コードも参考に作成しています。調達コードに対応するチェック項目には、対応している調達コード番号を記しており、チェックリストに回答することにより、調達コードにどれくらい対応しているのかを確認することができます。また、回答したチェックリストをGPN事務局へ提出した事業者にはGPNからフィードバックレポートが提供されますが、フィードバックレポートでも、調達コードへの対応度(%)が記載されます。

 

参考)持続可能性に配慮した調達コード